読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医療大麻は欧米先進国、カナダ、オーストラリアで解禁合法化中

医療大麻は副作用殆どなく安全性高く複数の疾患の特効薬となっています。

内科疾患 ◆医療大麻カンナビノイド治療法

医療大麻治療法  内科疾患

追加中
◆◆◆
【大麻の吸引が線維筋痛の患者に有益であるとの研究結果】
大麻使用は線維筋痛の様々な症状に対し痛みや筋硬直の軽減をはじめとする有益な効能をもたらす。線維筋痛の症状は、従来の薬剤ではコントロールが困難である。

◆◆◆
【大麻の成分は心臓血管疾患の治療に有望】
大麻中の有効成分は、心臓血管系に作用し、不整脈や虚血などのいくつかの心臓血管疾患の治療に有望である。


◆◆◆
【大麻は喘息の症状を軽減することが出来る】

イギリス薬理学ジャーナル

THCアセチルコリンと呼ばれるシグナル伝達分子によって引き起こされる筋肉の収縮をブロックし、気管支を拡張させることで長期の喘息の症状を軽減する事がわかった。

◆◆◆
【大麻に含まれる物質が糖尿病性心筋症を緩和する】
大麻に含まれる非向精神性の物質であるカナビディオール (CBD) を投与する事で、糖尿病性心筋症(心筋の弱体化)を原因とする様々な症状を軽減できる事が判明した。


◆◆◆
大麻は肝臓をアルコールによる損傷から保護する 

大麻成分CBDがアルコール媒介性酸化ストレスから肝臓細胞をまもり、細胞のオートファジーの低下を防止することによりアルコール性脂肪症など進行性の損傷から肝臓を保護することがわかった。


◆◆◆
【大麻化合物 肝性脳症の動物モデルで脳・肝両機能を改善】
肝性脳症(肝機能の障害で脳が衰弱する病気)の実験モデルで向精神性のないカンナビノイド、CBDを投与すると、肝機能を回復させ脳部の病状を改善することがわかった。

◆◆◆

Kaiser Permanente医療センター泌尿器科アニルA.トーマス医師
「大麻の使用は、膀胱癌の発生率45%の減少と関連していた。タバコの使用は、膀胱癌で52%の増加と関連していた。」






.