読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医療大麻は欧米先進国、カナダ、オーストラリアで解禁合法化中

医療大麻は副作用殆どなく安全性高く複数の疾患の特効薬となっています。

脳疾患 ◆医療大麻カンナビノイド治療法

医療大麻治療法   脳疾患

◆◆◆2006年にスペインで行われた研究ではTHCを伝統的な治療法からは恩恵を得られなかった9人の脳腫瘍患者に投与した。カテーテルで直接病気にかかった細胞にTHCを注入したところ、9人全員において腫瘍の増殖が著しく減退したことが観察され、その結果は『Nature』に掲載された。

◆◆◆
【大麻喫煙が腫瘍細胞の自然縮小に関与との研究結果】
国際小児神経外科学会発行のジャーナル
によると、二名の被験者に存在した脳腫瘍細胞が大麻の喫煙に関連して自然に縮小していたとの事である。

◆◆◆
【大麻に含まれる化合物が難治性の脳腫瘍細胞の細胞死を促す】
臨床試験データ:THCと医薬品のテモゾロマイド(TMZ)との併用投与が既存の抗癌剤による治療で効果の表れない脳腫瘍に対し強い抗癌作用を発揮することが判った。


◆◆◆
【大麻の成分であるCBDは脳腫瘍を抑制する】

アメリカ国立衛生研究所 2013年11月

カンナビノイドは脳腫瘍(グリオーマ)細胞の増殖及び浸潤、血管新生を抑制する。この結果が新しい抗癌治療のサポートになるとの報告

◆◆◆
【大麻オイルで脳腫瘍が縮小することが実証される】

大麻の効能に懐疑的だった医師が生後8か月の乳児の脳腫瘍の治療に成功
『8か月間の治療の後、その脳腫瘍は目に見えて小さくなっていました。

◆◆◆
【大麻は脳損傷を癒すのに役立ちます】

研究の中で、いくつかのレポートは、大麻が神経保護作用を有し、多発性硬化症アルツハイマー病、ハンチントン病およびパーキンソン病等の神経変性疾患における保護効果を有することを示唆している。










.