医療大麻は欧米先進国、カナダ、オーストラリアで解禁合法化中

医療大麻は副作用殆どなく安全性高く複数の疾患の特効薬となっています。

医療大麻は精神作用は?無いCBD、THCAなどの成分があります

こちらは精神作用は?無い医療大麻カンナビノイド成分治療法です。

http://blog.livedoor.jp/iryoutaima/archives/918817.html

コートニー医師の生大麻ジュース

( 精神作用はありません) 難病SLEクリスティンは30才まで生きられないと言われていましたが回復健康になり禁じられた出産も。日本での治療は多様注意要する問題ある副作用があるステロイド(ステロイド精神病リスクあり)、免疫抑制剤 ( プログラフは過度期に強度の興奮恐怖不安、幻覚幻聴 )

医療大麻にも、日本認可CBDや、

禁止られたTHCAは精神作用が無いことが、

あまり知られていません。

THCAは、加熱でTHCに変わることから禁止されています。

コートーニー医師はこの精神作用はない医療大麻治療法メインで、

複数クリニックにて、たぶん

仕事や学校に行く子供の治療法としている。

ソースは膠原病の全身性エリテマトーデス(SLE )

治療法ですが、精神作用なし

大麻ジュース( 豊富THCAがメイン治療法で

重度域から回復健康、出産もされています。

日本では逆に、量次第、

精神作用、時にかなり強く出る

ステロイドプレドニン

免疫抑制剤プログラフなどが

メイン治療法の患者が、

この疾患には多いのです。

ステロイド精神病(プレドニン躁鬱病、多幸感)や、

プログラフ過度期は、興奮恐怖不安、幻覚幻聴ほか。

医療大麻のカンナビノイド成分が

全て精神作用があると日本人は

感違いしているようなので、

精神作用はない、CBD、THCAがある事が広まればと思います。

?THCAを、追加治療法とし免疫抑制作用与えれば、

日本の危ない副作用ある免疫抑制剤ステロイド

減量可能か、状態、検査次第、

危ない副作用の免疫抑制薬はゼロで、

THCAのみ、CBD併用で治療できる患者もいると思います軽症に近い患者は。

軽症でも、副作用でる免疫抑制薬を日本は与えているのです。

この難病治療薬はステロイド免疫抑制剤併用多いのですが、 どちらも量次第、感染症リスク高く夏も外出マスク指示。他副作用も多様な注意要する副作用ばかり。 危篤な副作用並ぶ。副作用抑えるため薬漬け酷い時期あり売る側はボロ儲け、 飲む側の内臓予後は不良リスク。 副作用抑える薬にも危ない副作用。 クリスティンさんは禁止された出産もされました。 日本では?出産可能と伝えられた同難病患者は、 ステロイドの?プレドニンならある量からは奇形児リスクあり、 免疫抑制剤の?プログラフなら、妊娠してはならない副作用があります。 その薬しか使えない状態である場合。