読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医療大麻は欧米先進国、カナダ、オーストラリアで解禁合法化中

医療大麻は副作用殆どなく安全性高く複数の疾患の特効薬となっています。

殆どの先進国の🔶医療大麻合法化が英断、日本も必要だとの証明 7

🔶証明 1 )

オーストラリアも医療大麻合法化。オーストラリアは空港で外国人のペット同伴に厳しい( 感染リスクから。)それくらい安全性に厳しい国が医療大麻は合法化なのは安全性が高く効能があるとの判断での合法化だと思います。

🔶証明2 )

医療大麻合法化カナダと合法化州増米国では、#デパスが不認可。そのカナダ米国は医療大麻は解禁。医療大麻が安全性高く効能があると認めているからです。英国はパキシルの副作用が若者に暴力作用を与えるリスクから禁止していますが医療大麻は解禁。

🔶証明3 )

厚労省麻薬取り締まり担当が日本は医療大麻は永遠に解禁無しとTVで公開。その理由を聞くとそれでは日本は禁酒法を今すぐ設置し飲酒者を取り締まり逮捕せねばならない。例え患者が医療大麻なく死亡してもと元担当は告げ、その伝達は憲法の #生存権侵害 であり内容次第、#殺人罪

🔶医療大麻合法化が英断と証明する 証明4)

医療大麻大麻取り締まり法により不認可であるものの多様疾患に与える効能、副作用心配がない利点と比較し

認可薬には心身多様危篤副作用があり兼ねて治療無効リスクとなる治療薬も少なくない。内科薬副作用に精神病、多幸感ある薬。精神科薬副作用に暴力興奮、自殺リスク。

🔶医療大麻 が必要だとの証明 5 )

モルヒネは激痛患者が痛みを取らなくなったと増量から死亡リスク高いオピオイドが増量されプリンスも他界。

医療大麻は米国でオピオイド死亡率を減少。

医療大麻精神作用は、衰弱した患者には幸感となる生きる力、食欲を与える🔶良質の緩和ケア作用を与えます。

🔶医療大麻が必要だとの証明6)

激痛からオピオイド増量防止を与える医療大麻を与えない日本は、オピオイド増量により死亡する可能性低い患者も高い死亡リスク与え、その防止与える医療大麻を与えはしない事実は憲法の #生存権侵害 であり調査により #殺人罪 が問われる。

🔶医療大麻 が必要との証明7 )

解禁国で化学治療法無効かつ副作用から命危険となった子供の命を🔶医療大麻が特効回復させている。日本にも同疾患、患児親は医療大麻治療望むものの厚労省は🔷大麻取り締まり法により与えられないとの返答。海外では医療大麻だけが救った人権を日本は放棄したまま。 #生存権侵害。

......... この上で米国が悪化与えると禁止した抗癌剤の🔷在庫を、 日本は買い患者の治療法として使うという姿勢は、 利益優先のため日本の患者病を利用している方針を、 日本を最優先としていて厚労省はその維持の対策ばかり。 国民、患者を回復健康にするでなく危篤副作用強度であろうが 医療利益を優先した医療込みの日本です。 日本の医療は海外よりかなり遅れている上、数年前の 小児医療は、先進国で🔷最下位あたりでした。 こういった厚労省、医療流れ医療大麻に対して不正なき 判断は到底、感じられはしません。誠実さも善良さもない、 🔷利益産業の言いなりで国民、患者の回復健康は そこに🔷存在はしない。

( 後に必要なソース添える予定 )