医療大麻は欧米先進国、カナダ、オーストラリアで解禁合法化中

医療大麻は副作用殆どなく安全性高く複数の疾患の特効薬となっています。

海外各国の🔷医療大麻 合法化 解禁ニュース報告

‪🔶オーストラリア医療大麻の栽培を合法化=豪州‬

Australia legalizes medical marijuana cultivation bit.ly/2f3M0lW

輸入から国内生産へ 厳格なライセンス制度を導入

https://www.rt.com/news/364779-australia-medical-marijuana-cultivation/

‪🔷米国2017年2月20日‬ ‪現在の医療大麻を合法にした州‬ ‪アメリカ全50州とワシントンDC中、医療大麻を合法とした州は28あり、プラス‬ ‪コロンビア特区・グアム・‬ ‪プエルトリコも同様な法律を制定した。 ‬ ‪現在31州➕DC‬ ‪ http://www.ncsl.org/research/health/state-medical-marijuana-laws.aspx‬ ..................................... ‪🍀グアムで医療大麻治療を日本人が受けられる日は近い‬ ‪ http://linkis.com/iryotaima.net/wp/9fRZs‬ ‪🌴ハワイ・マウイ島にて医療大麻、2017年初旬発売開始 http://www.scoop.it/t/japanese-sacred-herb-marijuana/p/4069942225/2016/10/01/2017-the-maui-newsmaui-marijuana-dispensary-ready-to-grow-the-maui-news

🔶カナダが医療目的の大規模な大麻生産計画を準備中‬ ‪ http://wired.jp/2013/11/11/marijuana-for-medical-purpose/

カナダで嗜好品としての大麻を合法化へ、カナダ首相の公約が実現

http://gigazine.net/news/20160423-canada-legislation-cannabis/

🔷イギリス医療大麻解禁

https://www.rt.com/uk/372481-cannabis-medicine-cbd-mhra/

🔶ドイツが医療大麻を合法化

http://blog.livedoor.jp/zabu2233/archives/1062638823.html

🔷マケドニア 医療大麻を合法化

http://www.afpbb.com/articles/-/3090377

🔶フィンランド医療大麻ベースの販売が間もなく承認される見込み

http://yle.fi/uutiset/osasto/news/finland_set_to_licence_medical_cannabis/6272375

🔷フィリピンが医療大麻を合法化へ

https://www.google.co.jp/amp/www.newsweek.com/philippines-votes-legalise-medical-marijuana-middle-drug-war-565646%3Famp%3D1

🔶イタリア政府が大麻栽培容認 医療用限定

http://denjiso.net/?p=11488

🔷プエルトリコ:医療大麻販売プログラムに管理制度を採用

http://asayake.jp/modules/report/index.php?page=article&storyid=3510

🔶コロンビア、医療大麻を合法化

http://www.afpbb.com/articles/-/3071208

🔷デンマーク 医療大麻の試験的導入プログラムを実施へ

http://www.afpbb.com/articles/-/3107319

🔶ポーランド医療大麻が全面解禁

https://m.facebook.com/cbdoiltsuuhan/posts/616657711820406

‪🔷メキシコ上院で医療大麻合法化法案が圧倒的多数の賛成で通過‬ ‪ http://www.independent.co.uk/news/world/americas/mexico-legalise-cannabis-medical-marijuana-legalised-senate-vote-weed-legalize-a7476431.html‬ 🔶マケドニア 医療大麻を合法化

https://top.st/jp/news/15430013901

🔷チリで医療用大麻の種蒔き

http://vagpress-salvador.blogspot.jp/2014/10/blog-post_9.html?m=1

🔶チェコ 医療用マリファナの合法的販売の実施

http://www.afpbb.com/articles/-/2936945

🔷ルーマニア医療大麻の合法化を決定

http://m.novinite.com/view_news.php?id=154315

🔶スウェーデン大麻合法化

https://justpaste.it/Sweden_Legalizes_Cannabis

🔷オランダの下院、大麻栽培の合法化を可決

http://www.afpbb.com/articles/-/3118861

🔶スイス:少量の大麻所持が非犯罪化

http://asayake.jp/modules/report/index.php?page=article&storyid=3227

🔷クロアチア医療大麻を合法化したようです

http://www.ibtimes.com/marijuana-legalization-2015-croatia-legalizes-weed-medical-use-2143078

🔶イスラエル大麻の個人使用が非犯罪化

https://www.google.co.jp/amp/news.livedoor.com/lite/article_detail_amp/12770784/

🔷ブラジルがマリファナなどを非犯罪化

http://tymanews.typepad.com/weblog/2006/08/post_4.html

🔶コスタリカ 医療大麻栽培合法化を検討

https://blogs.yahoo.co.jp/horadicir/42772266.html?__ysp=44Kz44K544K%2F44Oq44KrIOWMu%2BeZguWkp%2Bm6u%2BagveWfueWQiOazleWMluOCkuaknOiojg%3D%3D

🔷フランスも医療大麻 合法化

2013年 6月

🔶ベルギーもマリファナ公認

http://mimizun.com/log/2ch/news/980001078/

🔷グルジアマリファナ吸引が合法に

https://www.google.co.jp/amp/s/jp.sputniknews.com/amp/life/201612273183286/

🔶ウルグアイが世界で始めて大麻の使用、生産、売買を合法化へ

http://www.republica.com.uy/llega/605904/

🔷アルゼンチン大麻の使用が合法化へ

https://jp.sputniknews.com/life/201611243045051/

🔶2016.12月。医療大麻を合法化、解禁した国。アイルランド合法化可決。カナダ、オーストラリア、イスラエル、ベルギー、オランダ、イギリス、スペイン、イタリア、フランス、ドイツ、ポーランドフィンランド、コロンビア.. 🔷米国は28州とワシントンD.Cが医療大麻合法化 🔷医療大麻適応疾患 250種↓ http://kikikenkou1.hatenablog.com/entry/2016/02/21/215231 🔶医療大麻治療法 報告ソース集 (疾患別↓ http://kikikenkou1.hatenablog.com/entry/2016/08/02/204559 blogトップ( 医療大麻最新情報 ↓ http://kikikenkou1.hatenablog.com/

‪大麻は認知症治療に有効 ノーベル賞受賞者輩出の研究所が主張 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン) ‬

大麻認知症治療に有効 ノーベル賞受賞者輩出の研究所が主張 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン) ‬

‪「大麻には認知症アルツハイマー病の発症につながる脳内に蓄積したアミロイドβたんぱく質を除去する効果がある」‬

http://forbesjapan.com/articles/detail/15738/1/1/1

難病ALS( 筋萎縮性側索硬化症 )の進行と余命を上げた医療大麻

🔶

ALS患者のキャシーさんは医師に余命宣告3年を言い渡されました。

彼女は決死の覚悟で医療大麻を使う事を決めます。

キャシーさんは余命宣告より遥かに長い30年生き続け奇跡を起こしました。

(日本語字幕あり)

[日本語字幕]医療大麻で難病ALSの進行が止まった女性-ALS(筋萎縮性側索硬化症)-医療用大麻(マリファナ)

http://www.dailymotion.com/video/x4alss6

🔷

ALS研究の世界的権威、Gregory T. Carter 博士はワシントン州で、積極的に医療大麻の使用を推奨する方。この本の共著者の一人でもあります

Marijuana Medical Handbook: Practical Guide to Therapeutic Uses of Marijuana

https://www.amazon.com/Marijuana-Medical-Handbook-Practical-Therapeutic/dp/0932551866

🔶

大麻THCがALS( 筋萎縮性側索硬化症)に保護作用を持つことをましたモデル示した。ALSは現在治療法がありません。大麻が生存期間を上げました。

薬理成分カンナビノイド研究ラファエル・ミシューラム博士のドキュメンタリーから(動画後半 )

https://m.youtube.com/watch?v=AWNhZnnISDM

日本は、医療大麻治療法の特別許可を早めにお願い致します。

殆どの先進国の?医療大麻合法化が英断、日本も必要だとの証明 7

?証明 1 )

オーストラリアも医療大麻合法化。オーストラリアは空港で外国人のペット同伴に厳しい( 感染リスクから。)それくらい安全性に厳しい国が医療大麻は合法化なのは安全性が高く効能があるとの判断での合法化だと思います。

?証明2 )

医療大麻合法化カナダと合法化州増米国では、#デパスが不認可。そのカナダ米国は医療大麻は解禁。医療大麻が安全性高く効能があると認めているからです。英国はパキシルの副作用が若者に暴力作用を与えるリスクから禁止していますが医療大麻は解禁。

?証明3 )

厚労省麻薬取り締まり担当が日本は医療大麻は永遠に解禁無しとTVで公開。その理由を聞くとそれでは日本は禁酒法を今すぐ設置し飲酒者を取り締まり逮捕せねばならない。例え患者が医療大麻なく死亡してもと元担当は告げ、その伝達は憲法の #生存権侵害 であり内容次第、#殺人罪

?医療大麻合法化が英断と証明する 証明4)

医療大麻大麻取り締まり法により不認可であるものの多様疾患に与える効能、副作用心配がない利点と比較し

認可薬には心身多様危篤副作用があり兼ねて治療無効リスクとなる治療薬も少なくない。内科薬副作用に精神病、多幸感ある薬。精神科薬副作用に暴力興奮、自殺リスク。

?医療大麻 が必要だとの証明 5 )

モルヒネは激痛患者が痛みを取らなくなったと増量から死亡リスク高いオピオイドが増量されプリンスも他界。

医療大麻は米国でオピオイド死亡率を減少。

医療大麻精神作用は、衰弱した患者には幸感となる生きる力、食欲を与える?良質の緩和ケア作用を与えます。

?医療大麻が必要だとの証明6)

激痛からオピオイド増量防止を与える医療大麻を与えない日本は、オピオイド増量により死亡する可能性低い患者も高い死亡リスク与え、その防止与える医療大麻を与えはしない事実は憲法の #生存権侵害 であり調査により #殺人罪 が問われる。

?医療大麻 が必要との証明7 )

解禁国で化学治療法無効かつ副作用から命危険となった子供の命を?医療大麻が特効回復させている。日本にも同疾患、患児親は医療大麻治療望むものの厚労省は?大麻取り締まり法により与えられないとの返答。海外では医療大麻だけが救った人権を日本は放棄したまま。 #生存権侵害。

......... この上で米国が悪化与えると禁止した抗癌剤の?在庫を、 日本は買い患者の治療法として使うという姿勢は、 利益優先のため日本の患者病を利用している方針を、 日本を最優先としていて厚労省はその維持の対策ばかり。 国民、患者を回復健康にするでなく危篤副作用強度であろうが 医療利益を優先した医療込みの日本です。 日本の医療は海外よりかなり遅れている上、数年前の 小児医療は、先進国で?最下位あたりでした。 こういった厚労省、医療流れ医療大麻に対して不正なき 判断は到底、感じられはしません。誠実さも善良さもない、 ?利益産業の言いなりで国民、患者の回復健康は そこに?存在はしない。

( 後に必要なソース添える予定 )

医療大麻は精神作用は?無いCBD、THCAなどの成分があります

こちらは精神作用は?無い医療大麻カンナビノイド成分治療法です。

http://blog.livedoor.jp/iryoutaima/archives/918817.html

コートニー医師の生大麻ジュース

( 精神作用はありません) 難病SLEクリスティンは30才まで生きられないと言われていましたが回復健康になり禁じられた出産も。日本での治療は多様注意要する問題ある副作用があるステロイド(ステロイド精神病リスクあり)、免疫抑制剤 ( プログラフは過度期に強度の興奮恐怖不安、幻覚幻聴 )

医療大麻にも、日本認可CBDや、

禁止られたTHCAは精神作用が無いことが、

あまり知られていません。

THCAは、加熱でTHCに変わることから禁止されています。

コートーニー医師はこの精神作用はない医療大麻治療法メインで、

複数クリニックにて、たぶん

仕事や学校に行く子供の治療法としている。

ソースは膠原病の全身性エリテマトーデス(SLE )

治療法ですが、精神作用なし

大麻ジュース( 豊富THCAがメイン治療法で

重度域から回復健康、出産もされています。

日本では逆に、量次第、

精神作用、時にかなり強く出る

ステロイドプレドニン

免疫抑制剤プログラフなどが

メイン治療法の患者が、

この疾患には多いのです。

ステロイド精神病(プレドニン躁鬱病、多幸感)や、

プログラフ過度期は、興奮恐怖不安、幻覚幻聴ほか。

医療大麻のカンナビノイド成分が

全て精神作用があると日本人は

感違いしているようなので、

精神作用はない、CBD、THCAがある事が広まればと思います。

?THCAを、追加治療法とし免疫抑制作用与えれば、

日本の危ない副作用ある免疫抑制剤ステロイド

減量可能か、状態、検査次第、

危ない副作用の免疫抑制薬はゼロで、

THCAのみ、CBD併用で治療できる患者もいると思います軽症に近い患者は。

軽症でも、副作用でる免疫抑制薬を日本は与えているのです。

この難病治療薬はステロイド免疫抑制剤併用多いのですが、 どちらも量次第、感染症リスク高く夏も外出マスク指示。他副作用も多様な注意要する副作用ばかり。 危篤な副作用並ぶ。副作用抑えるため薬漬け酷い時期あり売る側はボロ儲け、 飲む側の内臓予後は不良リスク。 副作用抑える薬にも危ない副作用。 クリスティンさんは禁止された出産もされました。 日本では?出産可能と伝えられた同難病患者は、 ステロイドの?プレドニンならある量からは奇形児リスクあり、 免疫抑制剤の?プログラフなら、妊娠してはならない副作用があります。 その薬しか使えない状態である場合。

子供の生命を救う事より、大麻取り締まり悪法を優先された最悪なる事実は地獄だった

海外では与えられた命助ける治療選択肢の人権が、日本では与えられないまま。 末期の幼い子供にも。

昨年、 海外で医療大麻の生大麻ジュース(精神作用はない豊富THCA成分)により末期の脳腫瘍の幼児が、回復しているので、

’’同状態に近い患児の親御さんが、その医療大麻治療法を希望されています。

大麻ジュースを特別許可ください。’’と厚労省の担当者に伝えました。

するとその担当は、定例文のように、すんなりあっさりと、

’’大麻取り締まり法により許可できません ’’と、

あっさりと、命差し迫った子供の命に対して返答。

私は、’’大麻取り締まり法の法が、幼い子供の命より、

大事なのか!’’ と始めて怒鳴りました。

今は中止した某免疫抑制剤の過度期症状の興奮が激化していて、

’’この殺人者!と訴えた。

あの子の生命より、大麻取り締まり法をこの機関は優先するのかと、

生き地獄だった。

逮捕された厚労省職員のよに、裏で天下り予定先から金で動かされていないか?また、厚労省はそういった感じで逮捕者が出る環境、体質の機関ではないかと責め伝えました。

そして、その半月もなかったような..厚労省で再逮捕者が出た。

こういった環境の職員が、医療大麻問題まで取り扱い、

医療大麻まで、大麻取り締まり法利用し、禁じ

あの子にも、医療大麻を与えないのかと、生き地獄の日々だった。

翌年、その子は天国に向かった 。 愛する家族と別れて。

家族は、大切な、この子と。親は、かけがえなき我が子と別れた。棺桶に入った小さな、その子の写真を私たちは、どうする事もできないまま、見つめるしか出来なかった。

私は、この事実を許せません。厚労省の担当。

大麻取り締まり法を優先し、医療大麻治療法を、

あの幼い子に与えなかった。精神作用もない成分を。

医療大麻まで禁じさせる、大麻取り締まり法など、ゴミより屑でしかない最悪なものだ。

戦後、日本に無理矢理、大麻取り締まり法設置させた米国は現在、解禁合法化ラッシュ。

だから大麻取り締まり法は事実上は無効。

日本は、永遠に医療大麻は解禁はしないと元厚労省麻薬取り締まり担当はTVで

公言。

例えそれで患者が死んでもといった報告。

自分の孫が医療大麻でしか助かりようがなくても、

同じ考えのままだろうか。

憲法生存権侵害に触れている。

この元麻薬取り締まり担当の説明では、日本は致死量あり、暴力殺人絶えないレイプ殺人まで与えたアルコール飲酒を、禁酒法により禁じる日本とせねばならない。 残忍なる矛盾により、医療大麻でしか助かりようがない患者たちから大麻取り締まり法理由とし、医療大麻治療法を与えないという宣告。

近い未来、この担当らは生存権侵害により裁き対象となる可能性がある。

海外(医療大麻合法化)の医療大麻情報を知らない方たちへ

欧米、カナダ、オーストラリアで医療大麻解禁していますが英断だと証明する記事ソース貼り、医療大麻否定者の愚かさを判明させます( ソースを整理し↓に貼る予定 )

医療大麻解禁国では、化学治療無効となり、または現治療薬の副作用で命危険となった患児の命を救急救っています。

日本にも同様の状態の患者が居るのです。

この事実も知らず医療大麻は要らないと否定したTVタレントの某外科医などは、専門以外知らない無知か、医師の知見不足が問題視されていましたが、

医師の知見不足が激しいと患者は危ないめにあいます。

各先進国の医療大麻合法化は英断です。

そして日本の医療大麻否定者の中には

医療大麻解禁により不利益となる医療先、医師も居る。

以前、厚労省モルヒネが効かなくなった激痛患者が海外のように医療大麻を希望すると、厚労省担当は、医療大麻は多幸感があり嗜好目的に使われるから認められませんと伝えましたが、

多幸感ならすでに、医療認可薬の某ステロイドは多量時副作用は多幸感です。ささいな事で多量ステロイド投与中の患者は共同病室で

連発、笑いぱなしでいました( 個人差ありますが多かった )

またステロイドは錠剤であっても

多幸感や身体が楽になる作用ばかりよく現れる患者は増量望むなどの声も聞きました。

このステロイドは蘇生力あり救急時には特に必要な薬です。

しかし同じ多幸感がある医療大麻THCも、化学製薬無効となった患児の命を特効救った成分なのです。

厚労省の医療認可の基準は何か?

精神科の薬には若者には危険な他殺リスクある興奮暴力、自殺などの副作用ある薬を認可。致死量ある薬を認可し、 ? 医療的、末期癌、リウマチ激痛などの苦痛を緩和する 良質の緩和作用となる致死量もなく身体的にも危ない副作用の心配が無い医療大麻、しかも特効薬となる複数の疾患がある医療大麻を禁止。 ? 多様危険な副作用がある治療薬や、オピオイドなど痛みから増量により死亡率高い鎮痛剤は認可し、

そのオピオイド増量死亡率を解禁国では減少させた医療大麻は禁止というままの状態です。

この判断基準には大麻取り締まり法を伝えますが

大麻取り締まり法により救える患者を殺めているのが現在の厚労省の判断です。

?人の命を救っている医療大麻を禁止し、致死量ある命に危険与えている薬は医療認可とは、患者、間引きが裏目的に在る人間から金か何かで操る人間の下僕となった人間が、医療大麻を禁じる裏動きでも取っているのですか?

憲法生存権侵害にあたり調査次第、殺人罪に触れる流れが発生している可能性があります。

?大麻取り締まり法は医療大麻でしか助かりようがない患者を殺め、

?医療大麻は、現治療法無効かつ副作用で危険となった患者の命を特効、解禁合法国地で救っているのです。だから欧米、カナダ、オーストラリアで合法化。この合法化は英断です。

その医療大麻を取り締まり、遠ざけ患者から生存権を取り上げた罪は近い未来、裁き対象となるでしょう。

英国は若者へのパキシルを副作用暴力から禁じています。そして医療大麻は解禁。 米国カナダはデパスを禁じ医療大麻を解禁合法化中。日本はパキシルデパスも治療に使い医療大麻禁じている。 しかも日本は米国が禁じた悪化与える抗癌剤在庫を治療法に。利益のため。 ? 医療大麻の真実を知らない人間たちが医療大麻に反対すれば、医療大麻でしか助かりようがない状態の患者たちから、医療大麻を遠ざけ、患者を死亡させる環境を日本に与えたままなのです。あなたがたはそこまで残酷な人間なのですか?